<   2012年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

私は何のために生きている

a0291655_12345939.jpg

3種の単純しかしきわめて強い情熱を支配しているのは私の一生。それは愛情についての渇望に対して、知識の追求にとっても、人間の同情苦難痛徹肺肝。これらの激情の風、私を伸ばして縁の深い絶望の苦界上東トス西投げ、私の生活は配向。私の愛を求めるので、まず私にうっとり。愛情は人をうっとりさせるために私の魅力は喜んで数時間の楽しみのために犠牲に生活の中の他のすべての。私の愛を求める、またそれは軽減孤独感--髮線上移そんな一人震える魂を眺めているほか冷たい世界の果てで無生命の底知れぬ深淵に感じた恐ろしい孤独。私の愛を求めるための組み合わせは、愛私は神秘的の縮図で早めに見た聖者と詩人の想像していた天国。これは私の求めたにもかかわらず、人の生活はふさわしくないそれを、それは結局私やっと見つけたもの。

私は同じ情熱知識を追求し、人間の心を理解し、私は知りたいの星何故輝いて、私はまだ理解しようとするピタゴラスの学説の力、その力を私の無常の上に君臨して支配地位。私はこの方面ではやや成就、しかし多くなくてpets training

愛情と知識があるかぎり、常に向上導天堂へ。しかし、同情はいつも私を持ち帰って人間。苦痛の叫びが私の心の中で反響を受けて飢饉にこだまして、子供たちの苦しみで、罪のない者の被圧迫者苦しめて、孤独で弱い無力の老人は自分の息子に憎らしい目の負担や、世の中には孤独、貧困や癰苦い--これらは人間の生活の嘲笑するはずだった。私の渇望を減らすことができる罪、私はできないので、私に苦しむ。

これは私の一生。私はこの一生は価値を感じて、もし本当にが更に私の一回の機会に、私は喜んで再重労働—度清潔服務
[PR]
by hunexpect | 2012-12-22 12:36